2017年05月17日

「中級へ行こう!」の文法で文を作らせた結果、とんでもなかった

私が便宜上「文法クラス」と呼んでいるクラスでは、漢字や文法以外にも総合教材の「中級へ行こう!」や留学試験の読解対策もやってます。

ただ、漢字は毎日のルーティーンなので問題無いんですが、3コマで漢字、読解、文法、総合をやるというカリキュラムを私が作ってしまい、超大変です。

墓穴掘った感ある。

でも、どれも今の彼らには必要だと考えた結果なんです。

今回の文法は「Nは〜ことだ」と「〜始める/終わる」。

で、教科書の設問通りにやっても良かったんですけど、学生が描きやすいように若干アレンジして、その場で文を作ってもらうことに。

前者の文法は、教科書の設問が既にその文法から逸脱してたんで、その方向で、「私の国では・・・が多い。なぜなら〜。」というお題で。

後者は、「私は日本へ来てから・・・始めました。なぜなら〜。」

「なぜなら」っていうのを入れたのは、私が彼らの日本語以外の論理的思考力を見たかったから。

それと、おそらく小論文の授業でも触れられると思うので、簡単なレベルで練習しといたほうがいいと思ったから。


で、さっきチェックしたんですけど、とんでもなかった!

日本語もそうだし、論理的にもひどい有様。


まずは、日本語の問題から。あ、解読できた人は私にご一報ください。


・私の国ではバイクに乗っている人が多いです。なぜなら、ベトナムには電車はなく、車を買うのはできなくすることです

おそらく、車を買うこともできないからです、って書きたかったんでしょうね。


・私の国では、道端や川や家の前にゴミを捨てる人が多いです。なぜなら、公共のゴミ箱があっても、盗むかもから理由に捨ててしまっている

どゆこと?

盗まれるかもしれない、ってことなんですかね?

だから、最初からゴミ箱を設置しないってこと?


・私の国では、自分の車を持っている人が多いです。なぜなら、交通が不便で、車の値段が安くなるからです

これ、多分、公共の交通機関が不便な上に、車の値段が安いからです、ってことだと思います。

でも、こういうふうに書いてしまうと、「車の値段が安い」理由が「交通が不便」であることになってしまう・・・

多分本人は「並立」のつもりで書いたんでしょうね。


お次は「〜始める」の方。


・私は日本に来てから、電車始めました。なぜなら日本の交通が難しくて自転車に乗っても遠いからです

「電車始めました」って「冷やし中華始めました」的な何か?

交通が難しいって、どういう意味だろう?交通ルールが難しい?それとも、路線が分かりにくいってことですかね?


・私は日本に来てから、自分の生活をする始めました。なぜなら、いつも心配からです。

日本語崩壊!この文を読んでも、何にも分かりません。

品詞とか無視してるしね。


あと、論理的に訳がわからないパターン。


・私の国では旅行をする人が多いです。なぜなら、お金持ちからです。

???

旅行をする人がお金持ちなん?じゃー、この人の国、まあベトナムなんですけど、富裕層が多いってことになりますよね?

そーなん???


・私の国には親切な人が多いです。なぜなら、皆が他の人によく手伝うからだ。

これ、逆じゃない?

「親切な人が多い」という理由で、皆がよく他の人を手伝うんじゃないの?どーなの?


あと、2番目の文法で多かったのが、こういうの。


・私は日本に来てから、電車に乗り始めました。なぜなら、私の国には電車が無いからです。

これ、一見良さそうですよね?

でも、2つ目の文が1つ目の文の直接的な理由になってないんですよね。

だって、自分の国に電車があろうが無かろうが、日本でも電車に乗る必要がなかったら乗らないから。

この辺りの論理が怪しいです。

あと、似たようなのがこちら。


・私は日本に来てから、自分で料理を作り始めました。なぜなら、タイにいた時、毎日おばあさんに料理を作ってもらっていたからです。

これも、「自分で料理を作る」理由になってない。


あと、番外編としてこちら。


・私は日本へ来てから、一人で料理を作り始めました。なぜなら、誰も作ってくれないからです。

寂しいベトナム人男子です。


・私は日本へ来てから、タバコを吸い始めました。なぜなら、緊張した時にタバコを吸ったら、気持ちよくなるからです。

それ、本当にタバコだよね?


ほな、さいなら!


日本語ランキング

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
akky_san at 20:08│Comments(0)TrackBack(0)授業内容 | 総合

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。