2017年06月17日

真庭市勝山からの真庭リバーサイドホテル

今回またまた真庭市にお邪魔してます。

今回の目的は、真庭市北房で螢を見ること。

で、今は真庭リバーサイドホテルで夜になるのを待ちながら、ゆるゆるこのエントリを書いてます。

この真庭リバーサイドホテル阪急阪神グループの1つだそうです。

で、今回は奮発して、1人でスイートを借りちゃいました。

っていっても2万円台なので、価格としては良心的。

で、このスイートをなぜ借りたかというと、ベランダに露天風呂があるから。

fullsizeoutput_20


すごくないですか? 

さっきまで入ってました。


というワケで、今回の旅行を時系列で。


☆☆☆☆☆☆☆


まず津山市から真庭市勝山へ。

なんか私毎回真庭市に来る時には勝山で降りるんですけど、その理由は到着時間がランチタイムくらいで、勝山には美味しいお店が多いから。

で、ちょっと早めの時間だったから、前回お客さんがたくさん並んでて入店を諦めた「西蔵」さんへ。

入り口はこんなカンジ。

IMGP2256


ここは、元々酒蔵だったのを2階がレストラン、1階がお土産とカフェっていうふうな造りに変えてあります。

2階のインテリアは、元々の梁をむき出しにしていて、趣があります。

IMGP2266


メニューはこちら。

fullsizeoutput_17


「全部食べたい!」って思ったけど、大人しく「西蔵膳」に。

で、来ました、先付け。

P_20170617_114556_LL

純米大吟醸付きで。


で、西蔵膳の登場。

P_20170617_115307_LL


メインは、銀ダラの麹漬けです。

銀ダラは、私の魚ランキングのかなり上位に食い込む魚です。

普段はスーパーで見かけても、やはり値段が高めなのでスルーすることが多いのですが、旅行になると財布の紐が緩んでしまうのか、値段はあまり気にしなくなります。

で、やっぱり美味かった!

あと、だし巻き玉子が、今までに食べた中で一番フワフワしてました。

京都の錦市場の三木鶏卵よりも、です。

それから、ほうれん草のおひたしがあったんですけど、多分醤油麹で味付けしてあったっぽいです。

そして、左上にあるのががんもどきなんですけど、これも今までに食べたことがなかったような食感でした。

そして、デザートとして甘酒まで。

P_20170617_121116_1


女子甘酒好きですよね?

横にスプーンがあるのは、沈殿しやすいのでスプーンでかき混ぜてください、ってことだそうです。

先付け、メインの膳、デザート付きで2700円!

これ、大阪だったら5000円くらい取られそうです。


食事の後、せっかくなのでこの1階のカフェへ。

山ぶどうジュースをいただきました。

IMGP2280

ほんのり微炭酸。

この席があるのは、1階と2階の間の、ロフト的なスペースになってる所です。

で、ちゃぶ台と座布団っていうね。

この席から1階を覗くとこんなカンジ。

IMGP2281


満腹になったので、腹ごなしかたがた勝山の町をそぞろ歩くことに。

で、この西蔵さんの目の前の蔵に目を惹かれました。

IMGP2283


これ、よく見たら窓部分の扉のところにかなり細かい細工が施してあるんです。

fullsizeoutput_21


すごくないですか?

これ、お前やれ!って言われてもおいそれとはできませんよね?

この窓の上の、木の廂もいい味出してます。


そして、「ろまん亭」さんへ。

IMGP2294

私、ろまん亭さんの建物を見るたびに、「ジブリっぽいなぁ〜」って思うんですけど、どうですかね?

前回は、ここで食事をしたんですけど、さっき食べたばっかりだったので今回はスイーツをいただくことに。

ジャージー牛のミルクを使ったクレームブリュレと、アイスコーヒー。

fullsizeoutput_1d


普段あんまり甘いものは食べないんですが、ここのクレームブリュレは上品な味で美味しくいただきました。


勝山から移動し、今ここの真庭リバーサイドホテルの部屋でブログを書いてます。

fullsizeoutput_1e


fullsizeoutput_1f


螢は真庭市の北房というところで見られるそうで、最近ツイッターでもその様子が色々と流れて来ます。

で、私は今回、螢を GoPro で撮影しようと思ってます。

一応ミラーレス一眼で静止画も撮影しようと思ってるんですが、動画撮影したらどうなるんだろう?とか思って、 GoPro を持って来てみました。

このエントリで、ここまででもかなり画像を貼ってしまってて、その上動画も入れ込むとなると、このエントリがかなり重くなりそう。

っていうことで、このエントリと螢のエントリは分けてみることにします。

ページが重すぎると、Google 先生から低評価という判断をされてしまうので、それを避ける意図もあるんですよね。


螢たくさん見られるとイイんですけどね〜

ほな、さいなら!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
akky_san at 17:43│Comments(0)TrackBack(0)趣味 | 旅行

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。