2021年05月14日

説明の能力そのものよりも重要なスキル

先日、こんなニュースがありました。


 
これ、どう思いますか?

保健センターの開設者が医療従事者に該当するかどうかはさておき、下手うちはったなって私は思いました。

首長が倒れてしまっては行政が混乱するので、町長が先駆けてワクチンを打ってもらうのはまあ必要でしょう。

でも、それなのになぜこんなに注目されたり批判されたりするのでしょう?

それは、

説明すべき時に必要な説明をしていなかった

から。

この事案では、明らかになった後で釈明する形で説明していて、事前に住民に必要な説明を怠っていたってことなんですよね。

もうお分かりですね。

私が説明の能力よりも重要だと考えているのは、

そのタイミングで説明が必要かどうか判断するスキル

です。

これ、日本語教師にも日本語学習者にも、ついでに日本語学校サイドにも必要だと私は考えています。


まずは日本語教師。

私は今まで色々な先生の授業を見学させてもらいましたが、時々学生が集中力を切らしているって授業もありました。

そういう授業に共通しているのが、教師の説明自体が下手ってケースもありましたが、

事前の動機付けとしての説明が無い

ことが多かった。 

特に読解で多かったかな。

いきなり解説を始めるパターン。

その文章を読む目的は何か?

などということに一切触れずに、最初から解説が始まるっていう。

その結果、学生も読む意義がよく分かんないまま授業が進んでいき、集中力がなくなっちゃう。

あるいは逆に、

説明する必要がないのに延々と説明が続く

ってパターンも。 

これは文法で多かった。

学生がもう理解してるのにずーっと教師が説明してる。

あたかも授業が学生の理解を促すというよりも、教師が準備して来たことを発表する場であるかのような授業。

例えば、下位の学生を指名して適切にアウトプットできていたら、全体が理解してるものとしてサクッと次に進めばいいのに。

個々の理解は宿題でチェックできるわけだし。


あと、教材を裁量で選べる専任講師であれば、担当講師に「この教材でお願いします。」って言うだけではなく、なぜその教材を選んだかや、どういう効果が期待できるのかなどの説明が必要であると判断できる能力も備えていてほしいですね。


そして、学生に多いのが次のパターン。

日本語教師勉強会を主催していた頃、参加予定の学生に最終確認としてLINEで出欠を聞いたら、「すみません。行けません。」って返事が。

うーん、欠席の理由くらいは説明してほしいんですけど、ってずっと思ってました。

彼らには、

何か会やイベントに不参加の時にはその理由を予め説明する必要があるって判断力

が欠けてるんですよね。

今具体的には思い出せませんが、学生と話していると「説明ないんかい!」ってツッコみたくなる場面が結構多かったです。


最後に、日本語学校。

日本語学校って、その運営にあまりにも不透明感を感じることが多かったです。

説明責任果たそうよ的な。

何らかの決定を行った時にも全く説明が無かったりしませんか?

例えば、先日のエントリ




にも書きましたが、非常に恣意的な講師配置でも、客観的に考えても優秀な講師の担当コマ数を減らす一方で経験が浅い授業準備に時間がかかる教師のコマ数を増やすっていう不可解な配置を行なっても、何の説明もなかったりします。具体的に書くと、優秀な教師の勤務希望日数が5日で経験の浅い教師の勤務希望日数が2日でも、前者が3日で後者が4日だったりってケース。

まあ学校サイドでは、人事関係で説明が無いケースが多いですね。

これは、学校サイドに説明の必要性の判断力が無いのに加えて、説明を避けようとする意図があることを意味します。


このように、

上手に説明できる能力

よりも、

そのタイミングで説明が必要かどうかを判断する能力

のほうが大切なんじゃないか、っていうのが私の見解。


これからの会話の授業は、こういうことも踏まえて組み立てていってもいいのでは?


ほな、さいなら!


日本語ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加
akky_san at 21:16|PermalinkComments(0)日本語教師 | スキル

2021年05月12日

日本語学校の教務主任になってほしい歴史上の人物はこの人を置いて他にない

最初に「教務主任」って表現をしてますが、この肩書き限定というよりは、

採用や人事の権限を持っていて、現場でそれを行使する立場の人

を指します。

学校によって違ったりしますからね。


で、日本の歴史上の人物の中で、私が最も教務主任として推したいのがこちらの本を著した人。

現代語訳 論語と算盤 渋沢栄一 守屋淳 訳



もうお分かりですよね?

今話題の

渋沢栄一

です。

現在放送されている大河ドラマ「青天を衝け」の主人公です。

私は、名前は知っていた程度で特に渋沢栄一に興味もなかったのですが、仮に学生に「渋沢さんってどういう思いで何をした人ですか?」って聞かれて全然答えられないのも恥ずかしいなって思って、「論語と算盤」を読んでみたわけです。

渋沢栄一って何をした人かご存知ですか?

私が読んだ「現代語訳 論語と算盤」のはじめにによると、

(現在の)JR、日経新聞、サッポロビール、みずほ銀行、帝国ホテル、明治神宮、聖路加病院

などの設立に関わった人です。

もうちょっと書くと、彼の人生は、

1 尊王攘夷の志士として活躍した時期
2 一橋家の家来となった時期
3 幕臣としてフランスに渡った時期
4 明治政府の官僚となった時期
5 実業人となった時期 

といったステージに分かれているとのこと。

大河ドラマでは、今は2くらいですかね?

先ほど挙げた企業に関わったのは、5ですね。


で、私がこの「論語と算盤」の中で最も感銘を受けたのがこちら。

わたし渋沢は、渋沢の心をもって、自分と一緒にやっていく人物に相対するのである。その人を道具にして自家の勢力を築こうとか、どうだとかいう私心は毛頭持ち合わせていない。ただ、わたしの素直な気持ちとして、適材を適所に得たいと考えているのである。

素晴らしくないですか?


ここで日本語学校を振り返って、いわゆる人事権を持ち講師を配置する教務主任の振る舞いを考えてみます。

少なくとも私が見聞きして来た教務主任の行いは、渋沢さんの真逆でした。

私心だらけ。めっちゃ恣意的です。

個人的な好き嫌いで配置を決定したり、耳が痛い指摘をする口うるさいベテラン教師に対して担当コマ数を操作したりするっていう例をたくさん見聞きして来ました。

全く学習者の利益を考えず、自分の感情を優先する的な。

人事権を掌握するっていうのは組織を牛耳るってことになるので、こういう人がいる日本語学校ではなかなか安心して働きづらいです。

もちろん、中長期的なスパンで全体を俯瞰して組織運営にあたる教務主任もいるとは思いますが、私は今まであまりそういう人の話は聞いたことないです。


従来の学校の「教務主任が全ての人事の決定権を持っている」っていう仕組みをどうにか変えられられないものですかね?

私が今一つ考えているのは、特定の人物が権力を持ち続けると組織が腐敗するので、権限を任期付にするっていうこと。

これどうですかね?

どうやって仕組み化するのかについては、まだ考え中ですが。


それから、適材適所に関しては、講師の向き不向きを見抜く眼力というか洞察力も、教務主任には持っていてほしいところ。

私心で人事を操るのはその人の意志の問題ですが、こちらはスキル。

なので、自分にとっての都合で講師配置を行う主任には培われないものであり、学習者のニーズに敏感で学校全体にとってのメリットを考えられる主任にしか得られないスキルなのかなと。


渋沢栄一みたいな人が教務主任の学校があったら、私も働きたいです。


論語と算盤を読みたい方はこちら。


Amazon

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)
渋沢栄一
筑摩書房
2014-01-10




楽天ブックス

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書 827) [ 渋沢 栄一 ]
現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書 827) [ 渋沢 栄一 ]


ほな、さいなら!


日本語ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年05月08日

わざわざ会いに来る卒業生男子がAkkyに求めること

コロナ前は卒業生がちょいちょい大阪以外のところからも私に会いに来てくれたりしてました。

卒業生の女子は単純に私に会いたいって動機で会いに来てくれることが多いんですが、男子は若干違うようです。

なぜなら、彼らには女子にはない共通点が1つあると私は感じるから。

1つ目は、

社会や社会問題に対する私の意見を聞きたがる

って共通点。 

例えば、こちらのエントリ




や、こちらのエントリ




の卒業生。

前者の学生は、前年に就活を終えこの年に就職していたこともあり、

日本の大企業についてどう思いますか?

って質問を受けました。

後者の学生もこのエントリの中にも書いた4年前の再会の時にも色々話をしたんですが、主に聞かれたのは、

1 (当時の)安倍政権の金融政策をどう評価するか?

2 akky先生はどんな投資をしているのか?

です。 

1についてはどう答えたかあまり覚えてません。

しかし、2の問いに対して、「ノーロードのインデックスファンドをドルコスト平均法で買ってます。」と答えたところ、「そんな(専門的な)ことを言った日本人は、先生が初めてです!」って反応でした。

これ、意外でした。

これってそこまで専門的でもないと私は考えていたし、彼は東京の超有名私大のMBAを学んでいてこういうことを言いそうな日本人は周りにいっぱいいると思っていたから。

その辺、実情はどうなんでしょうね。


また、こちらのエントリ




の中国人男子には、

そして、唐突に元学生男子に「コロナについてどう思いますか?」っていうあまりにもオープンなクエスチョンをされちゃいました。

しかも何回も。

彼らと話した時も感じたのが、

・自分と同じ見解や感想を共有したいがため

・ある事柄に対するakkyの見解が聞きたいがため

に私に会いに来ているってこと。

前者は特に、職場も含めて彼らが置かれている環境の中で、見解や感想を共有できる日本人があまりいないことに起因してるんじゃないでしょうか?

後者に関してもそういう側面はありますが、私はかつて彼らに行っていた小論文などの授業の中で、学生に意見をアウトプットさせた後によく彼らに「先生はどう思いますか?」と聞かれることが多く、その延長線上なのかなと。

そういう授業の中で私が自身の見解を述べると、「ふーん、なるほど!」となることもあれば「いや〜それは非現実的でしょ!」などということもあり、その反応は様々です。

でもまあ、彼らはそれを面白がってくれていたのかなと、今でも色々聞かれると感じさせられます。


それともう1つ思うのが、

日本語のみを教えてるだけの教師は「にほんごのせんせい」ってだけの存在になる

のではないかってこと。 

私の場合は、幸い小論文を担当することが多かったので、私なりの見解や意見を彼らに伝える機会が多かったです。

ただ、今は大学側も受験で小論文を課さないところも多くなって来てるので、こういう機会がある日本語教師も多くなってるように思います。

でも、初中級くらいになると、「〜と思います」、「〜から」、「〜たら」などを組み合わせると、そこまで複雑ではない社会問題に対する意見を学生に表明させることが可能であると私は考えています。

なので、そういう際に「先生の意見はどうですか?」って聞かれて、答えられなかったり「意見はありません」って答えるのはどうなんでしょうか?

「日本語を教えるスキル+α」みたいなことがTwitterなどで言われたりしますが、私が今回書きたいのはそういうことではなく、日本語教師以前に社会人として

社会問題に対して意見がない

っていうのはかなりマイナスになるんじゃないかってこと。

まあ会いに来てくれるのを期待して私も今まで意見を述べて来たわけではありませんが、彼らはAkkyにだったら自分の意見も理解してもらえるかもしれないし、Akkyの独自の意見も聞いてみたいと、結果的には思ってくれてるんだと思います。

そしてこれは、一人の人間として対等に付き合いたいって思ってくれてるってことなのかも、とも。

一方、そういうことに興味ある学生に「このせんせいは、そういうことに意見を持ってない人間である」ってことが分かってしまうと、場合によっては内心見下されてる可能性もあるんじゃないかとも思うんです。

学生は、意外と本音を言わないものですし。


ちょっと自分は社会や社会問題に対して意見があるのかどうなのか、ってことを自問自答してみてはいかがでしょう?


ほな、さいなら!


日本語ランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加
akky_san at 20:30|PermalinkComments(0)留学生 | 卒業生