従来の日本語学校が淘汰された後の、給与体系が時給じゃない新しいタイプの学校今月26日開催の思考力アップセミナーで行う作文添削の模擬授業で使う作文が書きあがりました

2020年09月22日

【告知&ご質問】REN塾(仮称)を開催します!

タイトル通り、REN塾(仮称)を開催します!

REN塾っていうのは、参加者全員に模擬授業を担当してもらい、それを参加者同士で見合う(+akkyもオブザーブする)もので、それをすることで参加者の方の授業の向上を図るのを目的としたものです。

模擬授業に関しては、動画配信第3弾でも話題になっていて、チャットでも色々反応をいただきましたし。

全員に模擬授業をやっていただくのは、

・他の先生の授業を見てあれこれ言いたいけど、見られるのはイヤっていう先生は参加しにくくすることによって公平性を担保するため

・全員に均等に価値を得てもらうため

です。

私のイメージでは1回2時間。

1回につき、お2人に模擬授業をしてもらう予定。

お1人目 模擬授業20分〜30分(最大30分) フィードバック20分〜30分(最大30分)

お2人目 模擬授業20分〜30分(最大30分) フィードバック20分〜30分(最大30分)

ってイメージ。

初回はアイスブレイクを兼ねて自己紹介とかし合った方がいいかもしれないので、20分ほど(人数にもよりますが)最初に時間を取った方がいいですかね。

こういう流れなので、全何回になるかは参加人数によって決まります。

で、頻度なんですが、毎週だとちょっときついし、かといって月一だと間が開きすぎるので、隔週がベストだと考えています。

私の希望としては、参加者の方の教授力向上の機会損失をできるだけ防ぎたいのでスタートは早ければ早いほど良いと思うのですが、10月の最初の週だとさすがに急すぎるので2週目あたりがいいのではないかと。

というわけで、参加ご希望の方にご質問。

Q1 土曜・午前、土曜・午後イチ、土曜・夕方、土曜・夜、日曜・午前、日曜・午後イチ、日曜・夕方、日曜・夜 で、参加できる時間帯はどれですか?

Q2 ご自分が模擬授業で扱いたい文型やその他の項目

Q3 他の先生に模擬授業で扱ってもらいたい文型やその他の項目

Q4 どういう形態のREN塾(仮称)であれば参加できる/したいと思うか?(ZOOMなどでいいのか?リアル対面がいいのか?など)

Q5 その他ご希望やご質問など

です。

Q3については、必ずしもご希望に添えるとは限らないので、予めご了承ください。

参加人数や実施期間などまだまだ不確定要素が多いので、参加費やその他詳細については、もっと色々な情報が集まってから決めたいと思ってます。

というわけで、これらのQ1〜Q5までの質問に答えてくださる方は、RENのLINEか樋口さんのTwitterアカウント、あるいはRENのFacebookページに連絡をお願いします。


株式会社REN LINE






https://www.facebook.com/REN.company.profile
(なんかTwitterみたいにライブドアブログのRichリンクができませんでした)

それでは、諸々よろしくお願いします♪


ほな、さいなら!


日本語ランキング   

script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
このエントリーをはてなブックマークに追加
akky_san at 20:30│Comments(0)REN塾(仮称) 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

従来の日本語学校が淘汰された後の、給与体系が時給じゃない新しいタイプの学校今月26日開催の思考力アップセミナーで行う作文添削の模擬授業で使う作文が書きあがりました